exploration

国際理工情報デザイン専門学校 


ジャンル「3DCG viewer」

作品概要

  Unityでのリアルタイムモデリングです。
  カメラを動かしていろいろな角度から見まわすことが出来ます。

設定
  
  このキャラクターは、考古学に堪能な探検家という設定です。
  遺跡の調査に来た彼が、ランタンを持って歩いているシーン
  を作りました。
  タイトルの「exploration」は、探検、探検するという意味です。

力を入れたところ

 ・モデリング前に、細かいデザインのイメージイラストを作成
  したことにより、モデリングをスムーズに行う事が出来ました。

 ・成人男性(西洋人)の体を正確に作るために、成人男性(西洋)
  の特徴を出すために、様々な資料を見て作成しました。

 ・服を着た状態でプロポーションの違和感が出ないように
  モデリングでは裸の状態で筋肉まで作り、その上から服を
  作りました。

 ・顔はキャラクターの大事な部分なので、西洋人特有の顔の
 彫りの深さを表現するため、大まかな作りはMayaで作り、
 細かい皺や凹凸はmudboxで作りました。

 ・テクスチャは、よりリアルにするために実際の製品(手袋など) 
  を使い、さらに加筆して加工しクオリティをあげました

・初めてリアルな人間モデルを作ったのですが、少しでもおかしい所が
  あると、大きな違和感になってしまうと思ったので資料集めや観察に
  たくさん時間を割きました。









ページトップへ戻る