Ars Nova-ad libitum –

太田情報商科専門学校 


横スクロールシューティングゲームに音楽ゲームの要素を取り入れた、新しいシューティングゲームです。

本作は、通常のシューティングパートとRSパート(後に解説)の2つのパートに大別されます。

ここでは本作の要となるRSパートの紹介をしたいと思います。

RSパートとは、BGMに合わせてタイミングよくボタンを押すことで敵を倒す、音楽ゲームの要素を取り入れたパートです。

タイミングを外すと、敵の特攻を受けて、プレイヤーのライフが減少します。

逆に、タイミング良くクリアをするとスコアが増加し、高ランクの評価を得られます。

シューティングと音楽ゲームの融合作品、ぜひお楽しみください。

 

 

 



過去の評価

Ars Nova-ad libitum –” への1件の評価

  1. HP管理者 評価:
    総合評価:
    グラフィック:
    プログラム:
    オリジナリティ:

    遊んでみました。でもこれだとSTGと音ゲーの融合というより……
    それぞれ別々のゲームが二つ遊べる。という感じのシステムですね。

    シューティングパートは昔ながらの横スクロールSTGで普通に楽しめます。
    しかし、リズムパートはちょっと……難アリかな。
    何より「どのタイミングで押せば成功か」が非常にわかりづらい。
    ボタンを押してるのに反応してくれないと感じることが多かった印象でした。

    この二つの要素を「融合」するとしたら、いっそ敵の倒し方を全部、
    「対応するボタンをタイミングよく押すと倒せる」
    としても良かったんじゃないでしょうか。

    しかし、既存の仕様を組み合わせて
    「新しいゲームを作ろう」
    というチャレンジ精神は非常にグッドです。その気持ち、大事にしてくださいね。



ゲーム制作者について

この作者のゲーム

ページトップへ戻る